2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

【逆バリ】絶対にかなう ブラック的 成功への真理


先日、
【日々鍛錬】「運・不運率」を変える人生の真理という記事を書きましたが、その後ずーっとこのことについて考え続けて、もうちょっと深めていました。

これまで沢山読んだ成功本の教えについて、「あ、そうだったのか」と思うところもあったのですが、ブログに書くのはどうかなぁと思っていました。
とはいえ、上記の記事にありがたいことに、「2拍手」頂いたので、もしかしたらこんなのを書いたとしても、どこかの誰かに何か役に立つことがあるかもしれないと、ちょっと調子に乗って書いてみます。

「ブラック」とタイトルに書いていますが、裏テクでもなく、何だか怪しいものでもありません。
内容が「あざとい」と人から思われる恐れがあるのを、先回りしているだけです。

ちなみに、これは、
「頑張らないで、成功する方法」を考えた訳ではなく、
「頑張って、でもちゃんと成功する方法」を考えたものです。
念のため。


ということで、これまでの成功本読書も踏まえ、自分の頭の整理のためにも、かなり長いですが、始めます。

============
【思うだけじゃダメ】

先日の
【日々鍛錬】「運・不運率」を変える人生の真理で書いた内容は、要は、

「最初の「運・不運率」が公平だとすると、それを変えてくれるのは他人。
そして他人は自分のポジティブな姿勢に影響される。」


ということです。
ここで、一つ考えてみます。

そうだとすると、注目すべきは「他人だけ」です。自分がどう思っているかは全く関係ありません。

本人がツイてると思っていなくても、他人がその人の事を「ツイてる」と思えば、良い話はやってきます。
逆に、本人がツイてると思っていても、他人からツイてない人だと思われていれば、良い話は持ってきてくれないでしょう。

自分が信じる信じないに関わらず、他人から「ツイている人だ」と思われることが何よりも一番大事なのです。

だから、斎藤ひとりさんの「ツイてる!」は、「思うだけじゃなくて、言わないといけない」のです。
だって、自分でツイてると思っているかどうかは、実際の運には全く関係ないからです。


【ポジティブな蛍の火】

では、もう一つさらに考えて見ます。

そもそもなぜツイてる人にはいい話が来るのでしょうか?
それは、「この人といると、自分に良いことがあるかもしれない」、「この人といると得だ」と思うからです。
人間関係に損得を持ち出すのは嫌がる人も多いと思いますが、それをあえてちゃんと考えてみるのが、まさに「ブラック」なところ。

まず、あなたのことを考えて見ましょう。

人と知り合って、どうせ仲良くなるなら、間違いなく、「ネガティブなツイていなさそうな人」よりは、「ポジティブなツイていそうな人」と仲良くなりたいと思います。

先日も書きましたが、例えば食べ切れないほどの果物をもらったら、グチばっかり言っている人よりは、何だかポジティブなツイてる人に持って行きたくなるものです。
その背景には、無意識のうちに損得勘定が働いているのかもしれませんが、これは、当たり前の話で、何も恥ずべきことではありません。

あなたがそうだとすると、周りの人も同じように考えています。
そう、みんな同じことを考えています。

そうだとすると、ある集団に、「ポジティブなツイていそうな人」が現れると、その人に皆同じ潜在的な損得勘定を持って、ウワァーッと集まっていきます。
暗闇にある蛍の火のようなもので、明るいので色んなものがそこを目指してくるようになります。


【成功者のように振舞うべき理由】

さらに、もう一つ考えて見ます。
本田健さんの本の中などには、成功法則として「成功者であるかのように振舞う」というのがあります。
特に明確な理由が書かれずに、この法則は唱えられています。

でも、これは、要は、「成功者として振舞うことで、他人が自分のことを成功者と思い込み、良い話が寄ってくる」ということです。
他人に思ってもらうことが重要で、上記のポジティブな蛍の火にウワァーッと寄ってくる訳です。


【蛍や蝶と、毒蛾】

ところで、そのポジティブな火に集まってくるものには、色んなものがあります。
同じように自己発色している蛍や、美しい蝶も来れば、その蛍を蝕むようなネガティブな毒蛾も寄ってきます。

自分のポジティブな火が光り始め、沢山なものが寄ってくるようになると、今度は寄ってきたものを、「蛍や蝶」か「毒蛾」か、自分で判断して取捨し、なるべく「蛍や蝶」だけ寄ってくるようにしないといけません。
これは新たなステージです。

「蝶だけを見分ける方法」、「蝶だけを寄せ付ける方法」というのは中々難しいものがあります。
おしりから火を発するのとはレベルが格段と違う、難しさなのだと思います。

だからこそ、「誠実であれ」などといった「成功するには、聖人君子たれ」といったような成功法則が出てくるのです。

でも、これは仲間や蝶を見分けるレベルの人が行うべきことであって、普通の人がやっても、全く効果がありません。
だって、普通は、自分のおしりに火をともすのではなくて、火を探しているんですから。
他人が蝶か毒蛾か判断するスキルなんて必要ないんです。

しかも、こういったことは、書いている人自身が実は守っていなかったり、単に自戒の言葉として言っていたり、さらにもっと言ってしまうと、「自分はそういった聖人君子であると、他人から思われるため」(つまり、蝶だけを寄せ付けるため)に述べられていたりするのかもしれません。
こんな事を書いてしまうのも、まさに「ブラック」であるところですな。

そうだとすると、世にあまたある「まともなこと」を言っている成功本は、あんまり使えないことになります。
(ここらへんの考えは、神田昌典さんの「非常識な成功法則」が影響してます。)

【蛍の集団】

そして、蛍となった成功者でも、一人だと毒蛾も沢山寄ってきて不安なので、お互いにいい影響を与え続けられる仲間を探します。
蛍の集団に入れてもらえるように、実は(私達と同じように)「蛍のフリ」をしている人もいるのかもしれませんが。

とはいえ、ポジティブな人たちが集まって、世の中には、成功者の集団、つまり、蛍の集団が幾つもあるに違いありません。
彼らは、仲間内ではみなポジティブで、お互い生かしあい、その一方で集まってくる他人に対しては非常に警戒します。
最近の売れっ子ビジネス書籍作家同士が、仲が良かったりするのは、そういった事情があるのでしょう。

またまた、本田健さんの成功本ですが、「メンターを持て」ってのは、まさにこれです。
蛍の仲間に入れてもらって、そこから良い話をまたもらいます。

同じレベルの人間をメンターにしてもそもそも意味が無く、光り輝いている人をメンターにしなければなりませんが、そのためには、その人からも「この人は将来光り輝くだろう」と思われる必要があります。
メンター候補のその人自身も、不安でしょうから、その人自身も蛍の仲間を探し続けたりなどしていて、正直そんなに簡単にメンターなんているのだろうかというのが、私はちょっと疑問です。

さておき、こういった人間関係にも損得勘定が入っていますが、さっき述べたように、それは当たり前のことなので気にしないで良いのです。
むしろ、仲間に入れてくれるぐらい、自分のおしりが光り輝いているとその人たちが思ってくれることが大事なのです。


【じゃあどうすりゃいいの?】

結局結論としては、まずは、「本人がどう思っているかは関係なく、他人から、ポジティブな人、一緒にいると何だか自分もツイてきそうな人と思われる」=「蛍になる」ということだと思います。

じゃあ、どうすりゃ良いかって言うと、あなたはどんな蛍だったら寄って行きますか?

そう、ポジティブで、元気で、グチや人の悪口言わなくて、他人に頼っていなくて、優しくて、、、、、、

そう、「あなただった寄って行くような人物像のようなイメージを、他人から持ってもらえば良い」ってことです。


【ところが、、、】

でもね、他人に思ってもらうために、努力もせず、「フリだけする」ってのは無理なんですよね。
人々って、フリとか、嘘っぱちなものには、何時か気付くものなんですよねぇ。

だから、全く頑張らずに他人から思い込んでもらうってのは、はなっから無理で、
やっぱり少なくともある程度一生懸命ポジティブに頑張る、そして他人へのアピールもちゃんとするってことなんだと思います。


というわけで、色々考えた割には、結論としては、「頑張るしかないですねぇ」という、他愛もない結論になっていますが、「自分自身が蛍になるってことを意識しながら、一生懸命走る」のと、「闇雲に蛍の火を探しながら走る」ってのには大きな違いがありそうです。

ということで、長くなりましたが、また。
スポンサーサイト
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keepgoin.blog26.fc2.com/tb.php/561-f91f695f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

GO

Author:GO
学生時代には、平日バイトして、大学にあまり行かず、バックパッカーしてました。また、1年間休学して、アメリカの田舎の州立大学に留学しました。
何とか卒業して、社会人になってから、とあるMBAに行きました。
その後、アジアの片隅でウロウロして、帰国。
現在は、東京のど真ん中に在住してます。
2児の父親でもあります。いつでもどこでも前向きに生きてゆきます。

2007年の目標は、「読書150冊」。160冊読んで、無事達成。
2008年の目標は、「逆バリ思考法」の鍛錬です。

僕が生きていく上でのモットーの「3K」。
1.好奇心を持つ。
2.向上心を持つ。
3.克己心を持つ。

そして、座右の銘
「思い立った時だけが吉日」
「継続こそが力なり」

僕の天命:「貢献する」、「助ける」

趣味としている成功本読書から得た「成功する秘訣」。
1.常にポジティブでいる
2.全ての原因は自分にある
3.思考・言動は現実化する
4.願望、夢は明確にする(言語またはイメージ化)
5.失敗は、あきらめた時から始まる
6.成功法則は、実践しなければ意味が無い。
やったか、やらなかったかの違いだけ。
7.目標設定が大事である。
8.心が変われば行動が変わる
 行動が変われば習慣が変わる
 習慣が変われば人格が変わる
 人格が変われば運命が変わる
9. いつも、ツイてる!
10. 正しい方ではなく、楽しい方を選ぶ。

今後書き足していきます。続く。。。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキングに参加してます

FC2ブログランキング

↑ランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったら、クリックしてください。

NinkiBlogRanking
↑この人気ブログランキングにも参加してます。

株価チャート

日経平均:1001 TOPIX:1002

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。