2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

【英語で子育て】始めます。マルチ耳を子供に授けたい。

今週末から英語で子育て始めます。
僕が、子供達と話す時は基本的に家の中でも外でも、英語に。
とは言っても、メインは僕がお休みの土日になるけど。
妻は、基本日本語、時々英語。

親族みな日本人の僕は、一応小学校5年までオランダとフランスにいましたが、オランダ語は全く、フランス語もほとんどしゃべれない。しかも、英語圏ではなかっため、英語を習ったのはみんなと同じで普通に日本の中1で、「This is a pen.」から。

しかしながら、自分では、「何だか他の人より、耳がはるかに良いし、発音もキレイな気がする」と思っていた。(でも、成績は真ん中。。。)
その後、受験勉強でムチャクチャ沢山英単語覚えて、何となく自信がつき、大学時代に1年間アメリカ留学。それまで、バラバラだった回路が一気に繋がった気がして、現在では普通の日本人よりはるかに英語はしゃべれるようになりました。
1年行ったぐらいじゃ、そんなに変わらない人も多い中で、相当英語力が上がった気がします。

僕には、帰国子女というアドバンテージがあったのかなぁと思っていたのですが、別に英語圏でもなかったし、西洋人は今だってかなり苦手です。

何が違うんだろうなぁと考えていましたが、
要は、「マルチリンガルな耳」なんじゃないかと思った次第。

まず、言葉の要素は、インプット2つと、アウトプット2つです。
1.聴く(インプット)
2.読む(インプット)
3.話す(アウトプット)
4.書く(アウトプット)

実は、アウトプットの「話す」と「書く」は意外と簡単です。
なぜなら、自分の知っている単語を繋げて、文章にして、外に出せば良いだけだからです。

でも、インプットの「聴く」と「読む」は大変。だって、知らない音と単語が、こちらが聴き取れるか否か、知っているか否かに関わらず、やってくるからです。

さらにこの4つの中で、「1.聴く」と「3.話す」、「2.読む」と「4.書く」は、インとアウトで、リンクしています。
つまり、聴けたら話せるし、読めたら書けるのです。

そうすると4つの中で、重要なのは「聴く能力」と「読む能力」で、それらが出来たら4つ全部うまく行くことになりますが、さらに「聴く」と「読む」の中で、幼児期にある程度のベースが出来てしまうのは、「聴く」の方です。

「読む」方は、僕が受験勉強でしこたま単語を覚えさせられたように、自分の力でかなりのことが出来ます。しかし、「聴く」方は後から力をつけるのは相当大変なものがあります。四六時中テープ聴いたり、会話学校行ったりしないといけない訳です。

でも、幼児期の耳が柔軟なうちに、日本語以外の発音や調子を聞き分けることのできる「マルチリンガルな耳」になってしまえば、将来英語に限らず、何語が来たところで、かなりのアドバンテージになります。将来の更なるグローバル社会に備えて、そんな「マルチな耳」を子供二人に授けてあげたいなと思ったので、英語で育児を始めます。
(両親ともに英語が喋れなくとも、聴く力を中心に鍛えて、英語で育児に成功している例は多いようです。また機会を取って、ご紹介します。)

というわけで、こちらでも、将来日本に帰ってからも、英語のCD流したり、子供には英語で話しかけようと思ってます。日本では、家に限らず、街中や電車でも英語で話そうと思っていますが、「日系シンガポール人」の振りでもしようかな。

なお、上の長女は3歳で、インターナショナル保育園に行って半年以上経過し、ようやく少しだけ英語で意思疎通が出来るようになった。もうマルチ耳は習得しているかもしれない。下の子は、まだ1歳ちょっとで、話すのはもちろんまだ出来ない。
この取り組みは、上の子の言語力の維持と、メインは下の子のマルチ耳の開発。

実は数ヶ月前に、英語で育児を、上の子に試したのだが、「パパ、英語やだ。日本語でしゃべって」と言われた。丁度過渡期だったのかな。無理に負担をかけるのも嫌だったので、断念。
でも、昨日はそれほど抵抗なく、僕が言っていることも大体分かっているようでした。
これから、下の子がどう変わっていくかが楽しみ。

僕がそうだったように、二人とも日本に帰ったら、外国語なんてすぐに完全に忘れると思うので、下の子がマルチ耳を習得するまで、日本でも根気長く続けるのが肝ですな。しかも、僕自身が、日本で街中で、英語を使って会話することに慣れないと。

実は、この「英語で育児」、大変なのは、親の方。
僕は上記のように、ネイティブでもなく、単語・文法は、主に受験勉強で得た知識。
だから、トイレ用語とか、動物の種類とか、ちょっとした一言が全然分からない。

このブログに英語で育児の記録をつけながら、勉強していきたいと思います。
僕の「英語で育児」バイブル本や書け流し用CD、勉強した単語なども順次ご紹介していきます。
よろしく。

P.S. Ken.T&Cocia夫妻は米国在住で、千載一遇のチャンスなのと、将来日本に帰ってきても続けるために色々グッズを買っておけると思うので、是非是非お勧めです。
スポンサーサイト
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

コメント

日系XX人お父さんグループ立ち上げ

日系シンガポール人、うける。(w

確かに子育て用の英語力は、受験英語で生き延びている日本人留学生にとっては、別物として勉強せねばならないものですなあ。そのヘンリーさんの教材、すごく気になる。

息子が将来、アメリカでも日本でも自分の意思で好きに選べるように、英語耳を持たせてあげたいと、切実に思っているので、教材はたしかに今のうちに集めておいたほうがいいね。ナイスアドバイス、ありがとう。

英語耳がついてくれれば、自分のべたな日本人英語でRen.Tに話しかけても問題無い、と思うので、日本に帰ったときは、変なお父さんグループとしてがんばりましょう。俺は、日系モンゴル人の振りをします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://keepgoin.blog26.fc2.com/tb.php/340-adbf41d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

GO

Author:GO
学生時代には、平日バイトして、大学にあまり行かず、バックパッカーしてました。また、1年間休学して、アメリカの田舎の州立大学に留学しました。
何とか卒業して、社会人になってから、とあるMBAに行きました。
その後、アジアの片隅でウロウロして、帰国。
現在は、東京のど真ん中に在住してます。
2児の父親でもあります。いつでもどこでも前向きに生きてゆきます。

2007年の目標は、「読書150冊」。160冊読んで、無事達成。
2008年の目標は、「逆バリ思考法」の鍛錬です。

僕が生きていく上でのモットーの「3K」。
1.好奇心を持つ。
2.向上心を持つ。
3.克己心を持つ。

そして、座右の銘
「思い立った時だけが吉日」
「継続こそが力なり」

僕の天命:「貢献する」、「助ける」

趣味としている成功本読書から得た「成功する秘訣」。
1.常にポジティブでいる
2.全ての原因は自分にある
3.思考・言動は現実化する
4.願望、夢は明確にする(言語またはイメージ化)
5.失敗は、あきらめた時から始まる
6.成功法則は、実践しなければ意味が無い。
やったか、やらなかったかの違いだけ。
7.目標設定が大事である。
8.心が変われば行動が変わる
 行動が変われば習慣が変わる
 習慣が変われば人格が変わる
 人格が変われば運命が変わる
9. いつも、ツイてる!
10. 正しい方ではなく、楽しい方を選ぶ。

今後書き足していきます。続く。。。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキングに参加してます

FC2ブログランキング

↑ランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったら、クリックしてください。

NinkiBlogRanking
↑この人気ブログランキングにも参加してます。

株価チャート

日経平均:1001 TOPIX:1002

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。