2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

出張から帰ってきた。

月曜夜から出張して、今日夕方帰ってきた。
飛行機が遅れ、長いこと飛行場で待たされた。
しかも、ジャカルタについた時、結構激しくランディング。
ガーンと着陸して、正直びびった。
隣のインドネシア人も、びっくりして思わず「ウォッ」と叫んでいた。

出張自体はストレスフルだったが、飛行機待っている間に沢山本読めるのが唯一いいところか。ようやく今年30冊突破。この調子でどんどん蓄積。

僕のささやかな夢は、子供の手が離れた後に、時間もお金も気にせずのんびり妻と旅行することと、ものすごく明るい風呂を家に作ること。夢というか、希望か。

こっちの部屋は風呂が暗いので、長風呂しながら本を読むのが好きな僕には辛い。
電灯をもって入って風呂で本読んでる話をしたら、こっちのライトは安定が悪いから何時か倒れて感電死するぞと同僚に言われて、それから辞めた。

疲れた時には、ミステリー。
ガラス張りの誘拐 (角川文庫)

* 歌野 晶午
* 角川書店
* ¥540
* オススメ度: 3

構成が面白く、どこで繋がるんだろう?とずっと思わせ、ページを進めさせる。ま、強引なところもあるけどね。
他の本も読んでみたいと思わせる作家だった。
両方とも、ジャカルタの古本屋で買ったもの。日本円にすると、新品定価よりちょっと安いぐらいだが、ヨーロッパでのことを考えると古本が簡単に手に入るだけでも、恵まれている。

風葬の城

* 内田 康夫
* 講談社
* ¥490
* オススメ度: 2

初めて内田康夫の本を読んだ。
この本では、人物描写が途中から急に変わったような感じを受けたので、少し不思議だった。
全体の構成も、今ひとつという感じか。
この本では、新しい試みをしているようなので、他の本では趣向が異なるのかもしれない。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

* 山田 真哉
* 光文社
* ¥735
* オススメ度: 3

「この本は何で売れたんだろうか?」という視点で読んだ。
タイトルがうまいことは言うまでも無いが、人脈を回転率で考えたり、「50人に一人ただ」という戦略のしたたかさなど、チョコチョコと面白い話を分かりやすくうまく説明できているからで、タイトルだけって訳じゃないんだなと感じた。タイトルだけならこんだけ売れないんだろうね。

コーポレート・ファイナンス入門 (日経文庫)

* 砂川 伸幸
* 日本経済新聞社
* ¥872
* オススメ度: 2

「さおだけ屋~」みたいに面白い挿話が入っているかなと思って、読んでみたが、あくまで教科書的な基本を押さえている入門書ですな。
読む目的が挿話探しだったので、評価は低いですが、ま、入門者としては分かりやすくて良いでしょうね。
ハードルレートも持たずに、IRR計算だけしてても、意味ないんだよねぇ。
それって、Exitポリシー持たずに出資するようなものなんだよねぇ。バカみたい。
本の内容とはあまり関係ない独り言です。はい。
スポンサーサイト
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

コメント

1. そーた そーた (52) - 2007/04/12 10:48 削除

うっす。EXITポリシー、そしてQB。

なんかGOさんらしさが、満載でちと笑ってしまいました。

こちら北京で、まだまだゆっくりではありますが、走り始めました。温さんも日本に行っているようですし、こちら中国は2008年に向けて爆走の必要がありそうです。

佐藤優さんの本読まれましたか?あれ、かなり熱いですよ。

おすすめまで。
あと松永さんが必読と言っていた、マービンバウワー、マッキンゼーの何ちゃらって本も必読なんで必読です。まだ読んでないですが謹呈されました。

では~。

返信する
2. GO GO (48) - 2007/04/13 03:16 削除

佐藤優の「国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて」は読んだよ。確かに面白かったけど、若干視点に客観性がない気がした。
ま、当事者だから仕方ないか。
それ以外も書いているみたいだけど、読んでない。
この人はソ連ネタが尽きたら、どうやって生きていくのか興味がある。

マービン・バウワーの「マッキンゼー 経営の本質 意思と仕組み」は読んだけど、あんまり印象は強く残ってない。
ガツンと頭を殴られたような覚えは無かったな。

出張等で本を読む機会は多いので、また何かあったら教えてくれ。

返信する
3. 魚陸 魚陸 (6) - 2007/04/18 03:02 削除

久々にGreeを見ていたら、自分のなかでずっとくすぶっていた「インドネシア在住のGOさんのナゾ」が解決しました。

そのナゾとは、「どこで和書を入手しているのか?」ということ。

印刷物扱いにしても郵送料は案外高いし、一時帰国時にまとめ買いしてたとしても、スーツケースに入れるには限度がある。自分で店頭で選んだっぽいことが書かれているので、駐在員どうしで読みまわしている風でもない・・・。

ジャカルタに和書を扱う古本屋があるとは思いもよらなかったです(以前の日記に書いていた?)。羨ましい・・・。品揃えは限られているんだろうけど、あるのとないのとでは大違いです。

返信する
4. GO GO (48) - 2007/04/20 20:02 削除

古本屋があるのは本当に助かるよ。

でも、これまで読んだ本の9割以上が、日本で買って持ってきたものだよ。
出産前は、1ヶ月に1回の頻度で帰っていて、毎回積載上限を超えて本を運んできたので、当分読む分は確保しているよ。

ま、ヨーロッパじゃ難しいよね。
でもその状況でなきゃ洋書読まないから良いんじゃない?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

GO

Author:GO
学生時代には、平日バイトして、大学にあまり行かず、バックパッカーしてました。また、1年間休学して、アメリカの田舎の州立大学に留学しました。
何とか卒業して、社会人になってから、とあるMBAに行きました。
その後、アジアの片隅でウロウロして、帰国。
現在は、東京のど真ん中に在住してます。
2児の父親でもあります。いつでもどこでも前向きに生きてゆきます。

2007年の目標は、「読書150冊」。160冊読んで、無事達成。
2008年の目標は、「逆バリ思考法」の鍛錬です。

僕が生きていく上でのモットーの「3K」。
1.好奇心を持つ。
2.向上心を持つ。
3.克己心を持つ。

そして、座右の銘
「思い立った時だけが吉日」
「継続こそが力なり」

僕の天命:「貢献する」、「助ける」

趣味としている成功本読書から得た「成功する秘訣」。
1.常にポジティブでいる
2.全ての原因は自分にある
3.思考・言動は現実化する
4.願望、夢は明確にする(言語またはイメージ化)
5.失敗は、あきらめた時から始まる
6.成功法則は、実践しなければ意味が無い。
やったか、やらなかったかの違いだけ。
7.目標設定が大事である。
8.心が変われば行動が変わる
 行動が変われば習慣が変わる
 習慣が変われば人格が変わる
 人格が変われば運命が変わる
9. いつも、ツイてる!
10. 正しい方ではなく、楽しい方を選ぶ。

今後書き足していきます。続く。。。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキングに参加してます

FC2ブログランキング

↑ランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったら、クリックしてください。

NinkiBlogRanking
↑この人気ブログランキングにも参加してます。

株価チャート

日経平均:1001 TOPIX:1002

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。