2007-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

フォトリーディング(速読)

昨日、「あなたもいままでの10倍速く本が読める」という、胡散臭さ丸出しの速読本を読んだが、何事もトライするのが好きなので、「フォトリーディング」を試してみることにした。

各ページ1秒開いて見るってやつです。
それを昨晩やってから(2,3分で終わる)、今日きちんと読んだが、確かに早い。

その理由は、この本に書いてあるような、フォトリーディングで「読めている」からではなくて、「どこに何が書いてあるか大体わかる」から。だから、普通に読む場合でも、あまり重要でないところはさっさと飛ばして、拾い読みができる。

いずれにせよ、このうさんくさい本にある方法とは違っていながらも、結果として早く読めそうなんで、6月はこれを試してみます。
一日寝る前に、1,2冊フォトリーディングしておく。新書で大体1冊200ページだから、所要たった100秒。
2冊でもせいぜい5分。物によっては数回繰り返してから、きちんと読んでみます。早く読めるかな?

結果は、こうご期待。
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

* 梅田 望夫
* 筑摩書房
* ¥777
* オススメ度: 3

読んだタイミングが遅いからか、みなが言うほどセンセーショナルな感じは受けなかった。
ウェブの世界の表面上はゆったりとしつつも、実は非常に大きな動きを的確に言葉に表した本ですね。

企業再生ファンド (光文社新書)

* 和田 勉
* 光文社
* ¥735
* オススメ度: 2

随筆的な書き方が所々あるのは好きになれないが、主なプレーヤの説明がしてあるのは参考になる。
とはいえ、産業再生機構のその後の動きを考えると、この本じゃ古いです。
スポンサーサイト
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

ティッシュ

こっちでは、ティッシュの詰め替えが良く売っている。
箱がなく、中のティッシュだけ、どっさり。

日本だと、5個ぐらいで箱が安く売っているけど、ティッシュケースに詰め替える形での販売は見たことない。
日本人は洗剤はコストと環境を考えて詰め替えるけど、ティッシュには無関心なのかね。

単に詰め替えだと商売にならんという、メーカー側のロジックなんではないかと思ってしまうのだが、、、
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

PCが壊れた。。。

電源落としても、勝手に再起動するので、PCがおかしかったのだが、今朝早く起きてバックアップして、再セットアップ。
出荷時と同じ状態にしたのに。。。
うーむ、また再起動している。
どうやら修理行きのようです。

久しぶりに読んでみた速読関連本。
これ自体よりもマインドマップに関心が生まれてしまった。
あなたもいままでの10倍速く本が読める

* ポール・R・シーリィ
* フォレスト出版
* ¥1,365
* オススメ度: 3

速読関係の本はその昔色々と読んだことがあったが、この本の目新しいところは、マインドマップなど、本を読んで内容を大づかみした後にその実践の仕方とリンクさせているところかな。
趣味で読む本ではなくて、仕事やレポート作成の時には役に立つ読み方ではあるでしょう。
それよりも、この本のレビューが沢山あることに驚いた。

「青年社長」を読んでいて、気になった石井氏だが、今後の日本の展開をもう20年近く前、バブルのころには考えて、しかもつぼ八後の次の事業として実行しているところが正直すごいと思う。そりゃ、当時はみんな半信半疑だっただろうなぁ。

居酒屋の道

* 石井 誠二
* 小学館
* ¥500
* オススメ度: 4

ワタミを描いた「青年社長」にも出てくる「つぼ八」創業者の石井誠二氏の本。つぼ八社長を解任されるまで、そしてその後など、紆余曲折が本人の視点から良く分かる。
この人のすごいところは一貫して自分のポリシーを守るところとそれを何時までも続けられることなのでしょう。
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

早っ

家族に会いたいので、早出社、早帰り、早寝、早起き。
これで、仕事も速くなると良いんだけど。

今週で今年に入ってから21週目であることを発見。
目標週2冊×21週=42冊読んでないといけないのだが、まだ39冊。
勝手に目標より多く読んでいると錯覚していた。
沢山本を読んでいると思っても、実際には読んでないってこともあるのかもな。

最近友人のMizも書いていた本を、僕も読んでいた。
Greeのレビューをたどって、人が読んだ本を見ていくと、面白そうなのあるねぇ。
また買い込んでしまいそうで危険。
投資銀行青春白書

* 保田 隆明
* ダイヤモンド社
* ¥1,500
* オススメ度: 2

簡単で読みやすくて、投資銀行がどんなことをやっているのかを本当にざっくりと知るには良いかもしれない。
就職を控えた大学生が、大体のイメージを持つのには良いかな。
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

ゆったりとした日常へ

家族が来て立ち上げは何とか無事終了。
日本語がある程度しゃべれるベビーシッターと、英語がしゃべれる運転手のおかげだ。
毎晩隣に寝ている上の娘に蹴られたり、乗りかかられたりして寝ていますが、とりあえずは安心。

とはいえ、来週はまた3日出張。。。多分再来週も。
実は今週もアポイントがうまく入れば、出張の可能性あり。。。
ま、でも何とかなるでしょ。

ワタミ社長の子育て哲学は、期待していたほどではなかったな。
参考にはなるところもあるが、同じように育てようとは思わないなぁ。
父と子の約束―ワタミの成功を生んだ人間哲学の原点

* 渡邉 美樹
* 世界文化社
* ¥1,575
* オススメ度: 3

ワタミ社長の渡邊美樹氏の子育て哲学だが、どちらかというとサプライサイドの議論(自己満足の本)。
子供がそれをどう受け止め、どう思っているかは全く別。
まだお父さんの教育の本質を十分に分からないぐらい若いからかもしれないが、最後のお子さん自身のインタビューを読むと、本人よりも、奥様の子育て哲学を聞いてみたいと思ってしまう。
確かに渡邊社長のように週1回2時間だけ(しか)みっちり子供と触れ合うということにも意味はあるかもしれないが、日々話をしたり、一緒に過ごすことにも意味がある。
激しく忙しい中、どのように子供への教育を行うかという、一つの例として参考にはなるかなという感じです。
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

欲望とキャパの心地良いアンバランス

引き続き、幸せな家族まみれ中。
そして、夜中に何回かおきて新生児の世話を久しぶりにして、昔を思い出している。

家族とともに注文していた本が沢山やってきた。
自分のキャパに比べて、読みたい本がはるかに多い。
この「うぉー、あれも読みたいなぁ」というワクワク感、気持ちいいです。
本が読みたいのは、僕の中でこれまでずっと心のバロメーターだったが、今は充実しています。

変わる家族 変わる食卓―真実に破壊されるマーケティング常識

* 岩村 暢子
* 勁草書房
* ¥1,890
* オススメ度: 4

著者は、現代の家庭の食事をセンセーショナルに書くことが目的ではないと書いているが、やはり衝撃的。
マーケティングリサーチで得られる回答と現実とのあまりの乖離など、膨大な定性データの分析は切り口なども非常に斬新で面白い。また、教育の与える影響に驚かされる。
さまざまな回答を引用していて、読むのに時間がかかるので、引用はサラサラ読んで、分析に注目すると飽きが来ないでしょう。
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

家族がやってきた。

水曜に家族がやってきた。
こちらは今週末は木曜から4連休。
久しぶりに妻と子供たちにどっぷりと漬かり、幸せな日々。

働かずのんびりこうやって過ごすのも良いなぁ。

直前の出張中に読んだ本。出張中はやっぱり軽い本で無いと疲れてて読めないなぁ。
今まとめ読みしている成功本シリーズ。
これパクリじゃない???
新しいところもあったけど、やっぱりどの成功本にもある最大公約数ポイントは入っている。
そろそろ最大公約数ポイントをまとめて、「本当の成功本」という題で本でもかけそうな感じ。
ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

* 本田 健
* 大和書房
* ¥680
* オススメ度: 3

これより前に、「チャンス―成功者がくれた運命の鍵」を読んでいたので、何だか構成とか内容などが似ていて、発行年はチャンスの方が前のようだし、チャンスのパクリなんではないかと思ってしまった。
内容は目新しいところもあるが、チャンスとのダブりを感じて、若干食傷気味。
堀氏のをまた読んでみようと衝動買いしたのだが、それほどでもなかった。
突破力!(仮) (PHPビジネス新書)

* 堀 紘一
* PHP研究所
* ¥840
* オススメ度: 3

若い世代に渇を入れるコラムを取りまとめたものであるため、全体的に説教じみている感はあるが、ほかの本で堀氏は今の若い世代のキャリアに関する焦りに対して深い理解を示しており、そういった背景を知りながら読むとそれほど鼻につかないかもしれない。
参考になるところもあるが、当然ながら当たり前で参考にならないところも多々ある。
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

出張中

昨日片道10時間かけて、プロジェクトサイトに行ってきた。
お尻いてっ。。。

出張に持ってきたPCがやばい、もうほとんど壊れてる。
というわけでまた。
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

自分の「がっくり」を分析してみる

昨日は、不遇な子供達を見てガックリ来たことを、ナイーブに感じたまま書いたが、単にガックリ来て、浸っているだけじゃ、何も始まらない。
何でガックリ来たのか、どうすれば変わるのか、何をすればいいのか、僕自身の不完全なブレストに少々お付き合いを。
自分自身でも十分整理されていない感情、頭を、月曜から関係者とのお付き合いで、ほろ酔いの頭でトライ。

・ガックリきた理由
→純粋に子供が可哀想、
そういった子供がいながら自分が何もしていない無力感、
たとえ何かしたとしても効果が少ないことを予想

・理想とする姿
→不遇な子供がいない
少しでもそういった子供がいなくなる様に自分自身も努力
貧困削減効果のある施策を実施し、効果発現

・そこに至るまでのボトルネック
→インドネシア全体の繁栄、
政府の貧困層支援施策が十分でない
外国人を含む高所得者による貧困層支援の仕組みがない
効果のある支援策が分からない。(←これはよく考えると、実は「問題」が十分に何なのかわかっていないということなのかもな。)
支援なんか無くとも、貧困層が自発的に貧困から脱出する仕組みが必要

・どうすればボトルネックが解消されるか
→ほろ酔いの頭じゃようわからん。
お決まりのことは色々思いつくが、そんなの実現性や効果を考えると、書き出しても意味が無い。

ここまで思いつくまま書いてみて、二つの問題のうち、後者の方が問題なのかもしれない。
①貧困に苦しむ子供がいるという事実
②それを知りながら何もしていない自分

開発援助という仕事をしてはいるんだけど、僕自身、プライベートの時間とお金を使ってNGOの支援とか、草の根っぽい支援はやる気が起きないんだよね。何でだろ。
仕事でそういった気持ちは燃え尽きているのかな。

とりあえずもうちょっと考えてみます。しらふの時に。。。
おやすみ。

===============
朝起きて見てみたが、全然ブレストになってないなこりゃ。
酔っ払ってる時にはしない方が良いですな。
行ってきます。

===============
この分析、似たようなことを、ネットサーフィンしてた時に、
どっかの誰かのブログでやってたのを見たのを参考にしてるんだけど、
どこのどのブログか見つからない。
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

何だか、がっくりきました。

今日カルフールで、家族が来る準備品を沢山買い込んで、車を待っていた。

カルフールの出口の近くで、紙の上に座っている4~5歳の女の子がいた。
幼稚園ぐらいで、明らかに小学生にもなっていない。
僕は、疲れたから座っているのかなと思ってた。

でも、よく見ていると、その子はそこにずっといるようだ。
親の姿は見えない。ストリートチルドレンなのかもしれない。
こんな幼い子が?と思っていると、その女の子が、誰かが捨ててまだ火がついているタバコを拾ってきて、なんと吸っている。
近くにさらに幼い弟もいたようで、呼んでいる。

僕は何が起こったのか、とっさに理解できず、ただ驚いていた。
あんな小さい子が???
うちの子供と大して変わらないぐらいの子だ。

あまりに驚いたので、車が来ていることも気づかず、うちの車がさっさと車寄せから出て行かないから、後ろがつかえてる。
何もできず、慌てて車に乗った。

何だか、がっくりきた。

それは、そんな貧しい子供達がいることを見たということよりも、何もせずにその場を立ち去ってしまった自分にがっくりきたのかもしれない。
いずれにせよ、ショックです。

農村部の貧困よりも、都市部の貧困の方がすごいのかもしれないな。
嫌な日曜日でした。

日本って、良いよ。本当に。
少なくともこんな光景は今絶対に見ない。
日本にいる人達に、いかに素晴らしい所に住んでいるのかということを伝えたい。
戦争に負けて、一時はボロボロになっても、こんな素晴らしい国にしてくれた年上の世代に感謝しないとな。

今週はあんまり読書が進まなかった。
雄気堂々 下  新潮文庫 し 7-4

* 城山 三郎
* 新潮社
* ¥660
* オススメ度: 3

日本に株式会社を根付かせるために奔走する渋沢栄一の後半生。
上下巻読んでみて、やはり主人公からの視点が多く、主人公の人格的なあらがあまり見えず、全体的に美化されているのではと感じてしまう。
とはいえ、なかなか男気のある人生で、面白いです。
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

足繁く通うかぁ。

アチェから帰ってきた。

朝4時出、朝一番のフライトでアチェに入り、夜23時帰宅。
やっぱり動き回ると見えてくるものが多いなぁ。
ジャカルタにいると腰が重くなるので、日帰りで通うかぁ。
アチェに行くとドライバーも英語を話せないので、学習意欲がわく。

今日は、アチェで新規オープンする良さそうなホテルを発見。
泊まると楽なんだけど、2日潰す訳にはいかないもんなぁ。
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

踏ん張ってみますかな

何だかかなり萎えてしまいそうになっているが、もうひと踏ん張りすっかなぁ。
このひと踏ん張りで変わるはず。というか変わって欲しい。。。

明後日からアチェに出張。自分で入れた出張とはいえ、インドネシアの飛行機乗りたくないなぁ。
レビューをまとめて載せたので、久しぶりに。
一番上の「戦略的思考の技術」は面白いので、特にお勧め。
戦略的思考の技術―ゲーム理論を実践する (中公新書)

* 梶井 厚志
* 中央公論新社
* ¥798
* オススメ度: 5

あとがきで筆者が、「ゲーム理論=囚人のジレンマ」と誤解されがちなので、「囚人のジレンマ」は絶対に書きたくなかったと書いているように、ゲーム理論の入門書というよりも、様々な日常のケースを用いた戦略的思考に関する本です。
こんなことまで戦略的に考えるかって感じるぐらい、色々な例を用いて説明してあります。
簡単に読めるし、例も豊富だし、面白いし、最近読んだ新書の中では最も良かった。
お勧めです。

動く家の殺人

* 歌野 晶午
* 講談社
* ¥509
* オススメ度: 3

トリックなどはわかりやすいようでいて、そうでもない。
面白かったことは面白かったのだが、読み終わってみて、最後の方でもっと大きなどんでん返しを期待したのになと思ってしまったので評価は普通。

容疑者Xの献身

* 東野 圭吾
* 文藝春秋
* ¥1,680
* オススメ度: 4

トリックも展開も面白い。
何だか物悲しいところもあるけど、どうなるんだろうと先が気になって一気に読んだ。
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

出来事箇条書き日記

水曜日夜:
あわただしくシンガポールに出発。
ホテル最悪。

木曜日:
はじめてのバリウム(コーヒー味)
デング熱にかかって病院に来ている人を見る。
ブラブラするもシンガポールに飽きる。
金曜のフライト変更して、早くジャカルタに帰ることに。

金曜日:
INSEADシンガポール校を初めて訪れ、ノスタルジーに浸るとともに、元気になる
ジャカルタ帰国

血液検査の結果はまだですが、おかげさまで、心電図とかレントゲンとかは何とも無かったです。良かった良かった。
体調悪い悪いと書いていたが、意外としぶといかも。
ご心配おかけしました。

週が変わって、今日はようやく洗濯機がセットされたのだが、使ってみたら家の配管が詰まっていて水浸し。
午前中をその修理に付き合うのにつぶしてしまった。
つーか新築のマンションだろ、ここ。。。
Goのお勧めアイテムストア(2008年版)

FC2 ブログランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったらクリックしてください。

«  | HOME |  »

プロフィール

GO

Author:GO
学生時代には、平日バイトして、大学にあまり行かず、バックパッカーしてました。また、1年間休学して、アメリカの田舎の州立大学に留学しました。
何とか卒業して、社会人になってから、とあるMBAに行きました。
その後、アジアの片隅でウロウロして、帰国。
現在は、東京のど真ん中に在住してます。
2児の父親でもあります。いつでもどこでも前向きに生きてゆきます。

2007年の目標は、「読書150冊」。160冊読んで、無事達成。
2008年の目標は、「逆バリ思考法」の鍛錬です。

僕が生きていく上でのモットーの「3K」。
1.好奇心を持つ。
2.向上心を持つ。
3.克己心を持つ。

そして、座右の銘
「思い立った時だけが吉日」
「継続こそが力なり」

僕の天命:「貢献する」、「助ける」

趣味としている成功本読書から得た「成功する秘訣」。
1.常にポジティブでいる
2.全ての原因は自分にある
3.思考・言動は現実化する
4.願望、夢は明確にする(言語またはイメージ化)
5.失敗は、あきらめた時から始まる
6.成功法則は、実践しなければ意味が無い。
やったか、やらなかったかの違いだけ。
7.目標設定が大事である。
8.心が変われば行動が変わる
 行動が変われば習慣が変わる
 習慣が変われば人格が変わる
 人格が変われば運命が変わる
9. いつも、ツイてる!
10. 正しい方ではなく、楽しい方を選ぶ。

今後書き足していきます。続く。。。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキングに参加してます

FC2ブログランキング

↑ランキングに参加してます。 役に立ったなと思ったら、クリックしてください。

NinkiBlogRanking
↑この人気ブログランキングにも参加してます。

株価チャート

日経平均:1001 TOPIX:1002

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。